<鶴岡和典>
父の影響で幼少の頃よりハワイアンミュージックに親しみウクレレを習得。
クラシックギターを始めとしてロックやジャズギターを勉強しながらハワイアンミュージックの素晴らしさを再認識。
大阪芸術大学卒業後、音響会社に就職する傍ら現代ハワイアンミュージックのウクレレ奏法やギター奏法を研究。ギタリストとしては珍しく12絃ギターをメインに操り、プロに転向してから25年以上数々のハワイアンバンドでハワイアンミュージックの奥深さを支えてきた。
雑誌HULA Le’a(文踊社)の企画CDに数多く参加。ビクターエンタテインメントからLauloa(ラウロア)として「HULA Le’a」「HULA Le’a2」「HULA Le’a3」、ジェネオンユニバーサルから「HULA Le’a Japan」「HULA Le’a Japan2」「Ho’omaikai」など多数。
個人としてはジェネオンユニバーサルから「Hawaiian Mele CD-Box」のプロデュース、雑誌HULA Le’a(文踊社)の付録CDには「みんなのフラ」「Aloha Ku’u Home」「みんなのフラ2」「Aina Hanau」「Kaguyahime(かぐや姫)」など楽曲も提供。
家庭用ゲーム機Wiiのソフト「Hula Wii(フラで始める美と健康!)」の音楽プロデュース。「みんなのフラ」が収録されるなど多岐にわたる。
鳥山親雄著「Hawaiian Mele 1001」「Hawaiian Mele +301」「Hawaiian Mele 298」「Hawaiian Mele 400」(文踊社)のウクレレ演奏用コード付けを行い出版される。
HULA Le’a x amazonのコラボ企画で、ウクレレの教則CD「フラダンサーのための簡単!ウクレレ講座」シリーズ(全6枚)も発売。
現在、演奏活動の他、CD制作・コンサートのプロデュース、「ウクレレスクール鶴組」を主宰し指導にあたっている。